ツインレイ、幸せの法則

セルフイメージを書き換えて、誰もが羨むほど愛されて幸せになる

あなたの恋愛が上手くいくかどうかはコレです!

あなたの恋愛が上手くいくかどうかはコレです!



こんにちは
サラダです



あなたはキラキラ系ブログ
元No.1〇〇のブログ

それらを読んで凹んでませんか?


キラキラに輝く彼女達をみて
自分と比べて



そりゃあ~自分も〇〇さんくらい可愛ければ・・・
No.1〇〇なら
愛されるの、当然でしょ?




と、心の中で拗ねてませんか?



愛される事に条件とか決まりごととか
何もないんですよ、本当は




決めてるのは、全て「自分」です




サラダはとびっきりの美人でも無ければ
モテモテ人生でも無かったし
お肌が綺麗でもなければ
スレンダーでもないです
最初の結婚だって33歳くらいでした




それでも、出会って1年しないうちに結婚して
入籍前に家を建てました^^





普通の人だって
こういうの「普通にありえる」んです
あなたが、それが普通と思っていれば




結婚するのは難しい
可愛くないと愛されない
持ち家とかムリ




それ、全てあなたの「勘違い」ですし
自分が自分をどう扱っているか、です




何か特別な凄い事って
特別な人にしか起きない事だと思ってませんか?



そんな事、一切関係ないし
実際には自分が許可したものしか
自分には起きません



自分は〇〇な人と結婚しても良い
こんな家に住んで良い
めっちゃ愛されて大事にされて良い


そんな「OK」が自分に出てるかどうか
なんです


あなたの容姿とか年齢とか収入とか
一切関係ないんです





拗ねてる人とか
自己否定満載の人って


本当に可愛くないですよ^^;




女性から見ても可愛くない
そう感じるなら
男性から見たら、もっと可愛くない
そう思われてるに決まってます




あなたは誰かと自分を比べなくて良いのに
何故、比べるのかな?



勝手に誰かと比べて
「自分は可愛くない」
「自分は〇〇だから」
と拗ねて、自己否定して


そんなあなたを
「そんな事ないよ~」って言って慰めてもらいたいですか?




全く、可愛くないですよ^^;




拗ねたり、
いじけたりするから
あなたが気になり
あなたに尽くしたくなるのではなく


どんな「あなた」であろうと
彼だけの「お姫様」になった時
彼はあなたを大事に愛したいと思うし
あなたの笑顔の為に尽くしたくなるんです



それが、芸能人のように可愛いからとか
元No.1〇〇だったから
モテモテな人だから
ではないんです




それは
あなたが彼だけの大事な人になるからなんです


素直で、笑顔が可愛いあなたに
尽くしたくなるんです(^^)



要は
自分で自分を認められている人は
どんな「あなた」であろうと愛されるんです




自分を否定したり
可愛いくない、と言ったり
拗ねたり、いじけたり



あなたは
「そんな事ないよ〜」って言って欲しいのかもしれませんが


そんか女性は全然可愛いくないし
逆に、うっとおしいです(汗)



いつまでもスネちゃまでいるより
さっさとスネちゃまを卒業した方が
100倍愛されます(^^)



愛されたいなら
さっさと認める事です
「自分は可愛い」
「私は愛されている」
「私と関わる男性は幸せになれる」


そう自分を認めてあげると


あなたは拗ねなくても
いじけなくても
いつでも愛される「あなた」になれます




普通でも、めっちゃ愛されるんです
みんなの特別でなくても、
誰かの「特別」なんです



誰かと比べなくて良いんです
勝手に誰かと競争しなくて良いんです


あなたが素直になれた時
自分に許可だせた時
自分を愛した時




そんなあなたの微笑む顔は
彼の目には、誰よりも可愛いく映るんですよ(^^)



愛する人に微笑むあなたは
誰よりも可愛いんです(^^)
(あなたはそんな自分の顔が見えないから
知らないだけです
気付いてないのは、あなただけです)



だからスネちゃまから早く卒業して
愛される人になりましょうね(^^)









salads358.hatenablog.com



「潜在意識を使った願いの叶え方 (基礎編)」
講座のお申し込みは下記より

     ↓

お申込はこちらをクリック









そんな潜在意識を書き換えて
愛される人になるサラダの
メールセッションの申し込みは下記から


お申込はこちらをクリック


 
Facebookにシェアして頂けると、
とても嬉しいです





ご質問やメッセージは下記アドレスより
salads1111☆yahoo.co.jp
(☆を@に変えて下さい)


全ての人が幸せで溢れますように




読者になる