ツインレイ、幸せの法則

セルフイメージを書き換えて、誰もが羨むほど愛されて幸せになる

「復縁」希望や気持ちの離れた相手へは○○が必須です

「復縁」希望や気持ちの離れた相手へは○○が必須です



こんにちは
サラダです



「復縁」や気持ちの離れた相手と愛を復活させたい
それは、どんな別れ方だったのか、とか
何故、相手の気持ちが離れたのか




別れ方しだいではノウハウ・テクニックでいくらでも
復活出来る人は沢山いますけど



本当に「ムリ!」と思われ
ブロックされている人でも大丈夫です




世の中には、「ありえない!という別れ方」をした人でも
離婚した相手と2度結婚した人も存在しますし



どんなパターンであろうと
あなたが「心に描いたもの」が現実化されるんです
奇跡のような出来事でも
「自分に起きてOK」
そう思えている人なら、現実化されます


ただし、自分が決めるのは「結果」だけです
過程や方法は天に委ねて下さいね
あなたが方法を決めてしまうと
叶いにくくなりますから^^;





そして、
大事な、「復縁」や「気持ちの離れた相手」との
愛を復活させるにあたって大事なのは



ノウハウでもテクニックでもなく







「自愛」









なんです







自分が自分を大事に出来た時





どんな感情も誤魔化さず
無かった事にしない





相手から好かれよう好かれようと
必死になればなるほど
自分の気持ちを誤魔化して相手に合わせちゃったりします




特に、復縁希望者で相手とコンタクトが取れるようになったら
舞い上がって、二度と離さないように
必死になりますよね^^;





あなたが「自分軸」でブレないあなたで
そのままのあなた、なら
復縁の相手と連絡が取れたら
舞い上がらずに
「そうなるべきだった」うんうん
と、トントン拍子に上手くいくはずです







ですが、「自愛」が足りない人は
相手との確信が持てないから
やはり、「不安」や「焦り」が出てきて
いつのまにか相手軸になり
「復縁」だったはずなのに「セフレ」になっちゃったりしちゃいます





「自愛」だけが復縁の方法ではないけれど
重要なポイントを握っています

なぜ、
「自愛」でそんなに変わるのか?
「自愛」のどこがそんなにポイントなのか?






それは、自分の「怒り」「悲しさ」「嬉しさ」「喜び」
などを感じきるから
嫌なものは二度と経験したくないし
嬉しい事や楽しい事は何度でも経験したい




自分の為なんです^^





相手を伺って、相手の気を引くのではなく






自分が
ムカつきたくない
悲しい思いはしたくない
楽しくなりたい
喜びたい





自分が嫌な思いをするのはお断り!
二度とあんな嫌な経験はしたくない!

「イヤだ」と思う事をキチンと拒否出来る自分なのか


何がOKで
何がNGか



キチンと言える自分
幸せの選択が出来る自分







「復縁」も「気持ちの離れた相手の心を取り戻すのも」
どちらも



自分が
喜びたいから
楽しみたいから
愛する人からムカつく事はされたくないから
悲しくなる事はして欲しくないから





自分が「幸せを感じたい」から








あなたは、復縁を願って「セフレ」なんて絶対イヤですよね?
軽くあしらわれたり
都合の良い時だけ連絡取り合ったり




そんなのお断りですよね?









「復縁」したら、








一生、アホみたいに幸せ









これくらいが、あなたの希望じゃないですか?






だとしたら
絶対、「自愛」は必須です!




自分の気持ちをどれだけ大事に扱えるか
そこで、未来は変わっていきます^^





自分の気持ちを大事にして
自分に向かっていくと
あなたの本当の気持ちが見えてきますから



その気持ちのままで
相手を想ってみて下さいね
(これは、相手に連絡する、とか
何かの言葉を伝える、ではないです)



あなたの心の状態が不安や焦りから解放されて
ただ、相手への愛しい想いで
心の状態を「ただ好き」とか
何故か分からないけど、ワクワクする♪
みたいになったら



ただ、楽しく毎日を過ごしてみて下さいね



あなたの心の状態と同じ物が引き寄せられますから^^


あなたに奇跡は起きて良い!










そんな、あなたの潜在意識を書き換えて
愛される人になるサラダの
メールセッションの申し込みは下記から


お申込はこちらをクリック


 
Facebookにシェアして頂けると、
とても嬉しいです





ご質問やメッセージは下記アドレスより
salads1111☆yahoo.co.jp
(☆を@に変えて下さい)


全ての人が幸せで溢れますように




読者になる